さくら剛(著) 三国志男 公式ページ

三国志検定を受けよう!!
written by さくら剛

 この7月に、第2回三国志検定が開催されます。
 試験日まで残り約1ヶ月。
おそらく今頃は、全国の受験者のみなさんが目の色を変えて勉強に没頭していることでしょう。

ある人はマンガ喫茶に通い詰めて横山光輝の三国志全60巻を読み直し、
ある人は体で三国志を学ぼうと中国・四川省は成都に飛んでパンダ研究所に入場しパンダと一緒に記念写真を撮り、またある人は検定のテスト勉強のために通っている学習塾を休むなんていう本末転倒なこともしているかもしれません。僕もやったことありますけど、テスト勉強のために塾を休むと、なぜか塾の先生に怒られるんですよね。ちゃんと月謝は払ってるんだからぐだぐだ言うなっつーの。まあそんな思い出話も織り交ぜつつも、とにかくまさに今の日本は、三国志検定のおかげで一億総受験生化なわけです。なんでも、日本人の中で三国志検定を受検しない人は全部で10人くらいしかいないとか。そのほとんどがあなたの周りにいる人みたいですよ!

 それでは今回は先輩らしく、検定を受ける人たちにいくつか具体的なアドバイスをしたいと思います。これはもう実際に合格した人間(この僕)が言うのだから間違いないという、これらのアドバイスを心して聞けよ君たち!!!

アドバイスその1 勉強時間は、「学年プラス1時間」

 三国志検定のための毎日の勉強時間は、1年生は2時間、2年生は3時間、3年生は4時間が基本です。これは学生時代、先生にもよく言われたことですよね? 僕もよく学年集会なんかで壇上にあがった教師に言われたのを覚えています。……3年生は、学校から帰って1日4時間の勉強が必要なんだそうです。そうは言ってもそういう教師、てめえが学生の時絶対そんなに勉強してなかっただろうがっ!!!! ああそりゃ言うのは簡単だろうよっ!!! 偉そうに言うのはな!!! 自分が勉強するわけじゃないんだからっっ!!!
 「1日○時間勉強しなさい!」とバカの一つ覚えみたいに言うんじゃなくて、もうちょっと生徒の身になって考えて例えば効率的な勉強の方法を教えるとか、おもしろい英単語の覚え方を紹介するとか、少しは工夫をしたらどうなんだ。「○時間勉強しろ!」と安易に誰でも出来る説教をするんではなく、もっと言葉を選べと当時の教師たちにオレは言いたい。
 まあともかく、それはそうと三国志検定合格を目指すみんなは、必ず学年プラス1時間の勉強をするように。小学6年生の子供は、1日7時間。また、社会人は「社会人○年生」という考え方で計算するように。

アドバイスその2 試験当日、弁当に鶏の肋骨を入れてはいけない
 撤退したくなるから。

アドバイスその3 実技試験に備えよ

 みんなは、三国志検定は筆記試験しか行われないと思い込んでいないだろうか? そういう油断は非常に憂慮すべきことだ。たとえ事前の告知で筆記試験のみという説明がなされていても、当日にいきなり実技試験が加わることも無いとは言い切れないのである。なぜなら、敵の虚を突くのが兵法の極意。なにしろ問題作成者が三国志学会で名を馳せる大東文化大学の渡辺教授である。虚をもって実となし、背後からの奇襲問題として実技試験がいきなり出てくることは十分考えられるゥッ! そこに憧れるゥッ!
 すなわち、試験勉強の段階から三国志に関連した実技の練習をしておくにこしたことはない。少なくとも、重さ80斤(約20kg)の戦斧くらいは片手で振り回せるようになっておきたいものだ。また、仮に試験会場でいきなり矢が飛んで来て目を射抜かれたとしても、そこで気を失おうものなら不合格は確実である。もちろん検定を受検するみんななら、目を射抜かれた時の正解が何かはわかっているよね? そんな事態に備えて、普段から家では目に矢を突き立てて抜いて眼球を喰らう、という反復練習をしておくことが好ましい。また、余裕があれば吉川英治版「三国志」の張?のように、一度死んでもいつの間にか生き返り何事も無かったかのように再び登場するという特技もぜひ身に着けておこう。たとえ試験に出なくても、実生活できっと役立つはずだ。今の世の中、日常生活の中で殺される機会も多いのだから。

以上、これらは次回の三国志検定を受ける受験生のみんなにとっては、かなり参考になるアドバイスだ。これだけ参考になれば、いつの間にか書き方がですます調からタメ口に変わっているのも仕方のないことである。

 ……さて、諸君。しかし最高のアドバイスが得られたからといってまだここで満足してはいけない。心構えが出来たところで、次は練習問題をやって実戦に慣れておく必要がある。でも、それもまかせなさい。準備してあるから。ちゃんとそこまで考えてフォローするのが、そう、君たちの頼れる先輩、世界で取得者が数人しかいないと言われる幻の資格、三国志検定3級の合格者すなわちオレなのだ。
だが、実戦といってもただ真面目にそのへんのガイドブックと同じような予想問題を作っても面白くないので、今回オレは三国志検定に対抗して「三国志男検定」というものを作ってみた。この「三国志男検定」、いったいどのようなものかというと、もちろんあの歴史的名著であり、中華人民共和国の胡錦濤主席や温家宝首相なども読んでいないという書籍「三国志男」を題材にした検定である。・・・・続く

続きはさくら剛氏のブログでご覧になれます


※「三国志男」は、三国志検定を(勝手に)応援しています!

三国志検定HP

| 「三国志男」ブログ | 05:06 PM | trackback (x) |

PAGE TOP ↑