本の紹介

ふたりのしるし
山口正善・著
発行・発売/サンクチュアリ出版
定価/1365円(税込)

2008年1月25日全国発売

検 索
新しい記事
ブログ
POWERED BY

サンクチュアリ出版

合計: 143941
今日: 2
昨日: 0
 

読者の方からの感想
また読者の方からの感想をいただきました。
ありがとうございます。

***

涙が止まりませんでした。
私は自殺を考えた事がありました…。
でもこの話を読んで、何てバカな事を考えてるんだと思いました。
生きたくても生きれない人がいる。
自分で命を絶つ何て、何て愚かな事なんだろうと思いました。
ありがとうございます。

(会社員/女性/20歳)

*

久々に…胸がいっぱいになりました。
2人と周りの方々…有難うございました。

(女性/24歳)

*

この本を読み終えてから、
まさよしさんは、すごごく素敵な人に出会って、
すごく大切にしていて、もう涙とまりませんでした

(中学生/女性/14歳)

*

違う本を買おうと思いネットで調べているときにこの本を知りました。
不思議な話しですが、この本に何かを感じ本屋で購入して読んで、
自分の人生感が変わった気がします。
生き方、考えかすべてにおいて心が洗われるような気持ちです。

(サービス業/男性/24歳)

| 「ふたりのしるし」ブログ::感想 | 04:11 PM | trackback (0) |
『ふたりのしるし』を読んでの感想
普段からごくあたりまえの様に
1日1日を過ごしてきたけれど、
「ふたりのしるし」を読み、
ひとみさんと、まさよしさんの1日は、
とても前向きで大切な1日だったんだなぁと思い、
自分自身を改めて見直す事が出来ました。

あたりまえのことが、
あたりまえでない方が多いことに気づき、
改めて生きていくことの重みを考えさせられました。

(33歳 男性 営業)

感想ありがとうございました。
皆様からの感想おまちしております。

★感想はコチラまで↓
http://sanctuarybooks.jp/futari/impressions.html


| 「ふたりのしるし」ブログ::感想 | 09:00 PM | trackback (0) |

 

PAGE TOP ↑